足立区の整体 からだ工房です。 不眠症・めまい・耳鳴り・パニック障害などの自律神経失調症の改善にも力を入れています。竹ノ塚駅西口徒歩5分

めまいについて

 

自律神経失調症の中でも代表的な症状の1つなのが目まいです。眼科、耳鼻科、脳神経科などを受信しても異常がないと言われた方のほとんどは自律神経に問題があります

 

めまいの種類

めまいというとグルグル回るめまいを想像する方が多いと思います。これは回転性のめまいです。

回転性の目まいはおもに内耳(三半規管、耳石器)といった平衡感覚に関わる場所が原因になります。

病院でメニエール病と診断された方や前庭神経炎と診断された方です。これらは内耳に障害が起こります

 

頭がふわふわする、エレベーターに乗ってているような感じ、自分が揺れているように感じる方は動揺性のめまいとなります

動揺性のめまいは内耳で感じた平衡感覚を処理する中枢と言われる脳の障害が主な原因です。ただし脳の障害と言っても脳の機能が少し低下している程度ですので病院で異常が見つかることはほとんどありません。

まれに脳腫瘍や脳梗塞・脳血栓などの場合もありますので気になる方は最初に病院での検査をお勧めいたします

 

めまいの原因

めまいの原因として圧倒的に多いのが自律神経失調症によるものです。またストレスや自律神経の乱れが原因になります

めまいでもっとも有名なメニエール病もやはり自律神経の乱れにより内耳のリンパ液が増えて発症する場合が多いです

肺から脳へ向かう血流の乱れによる循環障害も原因の1つです。そういう意味では肩、首のこり、首の可動域の制限などでも発症する場合があります

血流を調節しているのが自律神経の1つである交感神経になります

つまり、自律神経の乱れにより交感神経の働きが狂うと、血流が乱れ、めまいが起こります

 

動揺性のめまいなどは内耳からの信号を受ける脳、特に脳幹と呼ばれる部分での障害がほとんどです。この脳幹こそ自律神経を司るコントロールタワーになるので自律神経が乱れた場合、その影響を受けてしまいます

ストレスや睡眠不足、オーバーワークにより自律神経の働きが乱れ、結果的にめまいを引き起こします

 

 

 

PAGETOP