不眠症を簡単にチェックしてみましょう

 

● 布団に入ってから1時間以上眠れない

● トイレ以外で何度も目が覚める

● 夢をよく見る(特に悪い夢)

● 枕や、布団が合わないような気がする

● コーヒーや紅茶などカフェインの入っているものをよく口にする

● 朝、目が覚めた瞬間からカラダが疲れている、1日中だるさを感じる

● 睡眠時間が5時間以内である

● 昼間に異常に眠くなる

● 昼間にカラダがピクピクすることがある

● 朝、用もないのに目が覚めてしまう日が続いている

 

当てはまる数が多い、

または1週間以上続いている方は不眠症の可能性が大きいです

 

不眠症の1番の対策は自律神経の緊張を押さえることです。

神経の興奮を抑えるためには1日の行動を見直さないといけません。

なぜなら昼間の行動が夜に反映されるからです。

昼間に嫌なことがあったりすると夜眠れなくなるなんてことありますよね!

ココロとカラダは密接に関係していますのでここから考えていかなければいければなりません