パニック障害とは?

パニック障害というのは神経不安障害の1つになります。

自分では思い当たることがないのにある日突然強い発作に見舞われる状態です。

現在では100人に1人は経験があると言われている自律神経失調症の中では比較的一般的な症状です

 

パニック障害の原因

長期的に続く強いストレス(仕事、子育て、人間関係、環境の変化、睡眠不足、暴飲暴食など)が原因となり、交感神経が継続的に強く働き、心身とも常に緊張、興奮している状態で突然自分では制御できない強い発作を引き起こします

例えば少しづつコップにたまっていった水(ストレス)が溢れだす(発作)状態です

 

パニック障害の主な症状

  • 息苦しい
  • 過呼吸
  • 心臓がドキドキ、バクバクする
  • 発汗
  • めまい、立ちくらみ
  • 不安感
  • 恐怖感

なぜ症状が続くのか?

1度発作を起こすとその出来事が脳に記憶されます。再び同じ状況になると身体が無意識に反応してしまうようになってしまいます。梅干を見ただけで唾液が出る、辛い物を見ただけで毛穴が開き汗をかくなどいうことが日常にもよくあります。

これは反射といって外からの情報に脳を経由せず直接身体が反応してしまうことによっておこる現象です。

人間は嫌な思いをしたり辛い思いをしたりすると苦手意識をもってしまいます。それらがすべて身体の反応や症状に出てしまいます