パニック障害の現状

心療内科への受診が一般的で主に投薬による治療がメインです。

お薬は神経の興奮や緊張を抑える薬が処方されます。

それを一定期間服用して経過観察をしていくという経緯をたどります。

薬には複数種類があり、薬の強さに差があります。薬効にも個人差があります。

 

投薬治療の場合、

症状を抑えるという効果は期待できますが症状を改善するということまではいかないというのが現状です。

また薬の副作用、薬からの離脱という課題もあります

薬を飲むことに抵抗があるという方が多くいますが、

現在薬を服用している方は症状の悪化を招く恐れがありますので急にやめたりしないようにしてください。