口の中が粘つく・ドライマウス

口の中が乾く・粘つく

唾液を飲み込めない

など口の中の症状があります

これは一括りにするとドライマウス(口腔乾燥症)となります

唾液の分泌量が減ることで口の中が乾き、

感覚として粘つきや唾液を飲み込めないという感覚があります

原因

身体には唾液腺というものがありこの唾液腺から唾液が出ます

それが通常より少ない状況です

加齢によるもの

唾液に限りませんが加齢とともに様々な分泌物は減る傾向があります。

逆に考えていただくと分かるとわかりやすいのですが赤ちゃんは唾液が異常に多いです

自律神経によるもの

唾液の分泌をコントロールしているのは自律神経です。

交感神経優位 唾液分泌量・少 

副交感神経優位 唾液分泌量・多

過度の心身のストレス・緊張興奮が続くと自律神経の働きのバランスが崩れ

常に交感神経優位の状態になります

結果的に慢性的に唾液の分泌が少ない状態になります

それが続くと症状として現れます

大部分が自律神経の異常と考えて差し支えないと思います

次の記事

セルフケアの考え方