カフェインについて

飲み物のコラムで書きましたカフェインについて詳しく説明していきます

カフェインには利尿作用、代謝促進、胃液分泌、血圧上昇などの作用があります

身体が通常の状態であれば過剰摂取にならなければ問題ありません

しかし自律神経失調症の方には緊張興奮を誘発するため原則禁止したほうが良いです

またカフェインには強い依存性があります

カフェイン中毒症状

  • 心悸亢進、不整脈
  • 胃腸障害(胃が荒れるなど)
  • 顔面紅潮
  • 不眠
  • 神経質
  • 焦燥感、落ち着かない感覚
  • 興奮
  • 筋肉の痙攣や緊張
  • 頻尿

カフェインを過剰摂取し習慣化すると中毒症状から禁断症状へ移行します

カフェイン禁断症状

  • 吐き気
  • 頭重感
  • 熱感
  • 意識低下
  • 集中力低下
  • 不安感
  • 抑うつ感
  • 疲労感
  • 社交性低下
  • 視力障害

カフェインを日頃からたくさん摂取している方は

自律神経失調症ではなくカフェイン中毒の可能性も考えられます