施術症例・喉のつまり

40代 男性 

主訴 喉のつまり感、胃腸の不調

期間 半年

精神症状 イライラ

薬の服用 無

既往歴 無

病院受診 無

生活環境 問題あり

問診による情報

以前から症状が出たり、よくなったりを繰り返す。ひどくなると息苦しさが増しツライとのこと

推測される原因

仕事、家庭環境に問題あり、あきらかなストレス反応

施術期間

集中施術期間・週1回を2か月、経過観察2週に1度を2回、1か月経過観察後経過良好問題なし

合計4か月にて終了。以後は体調不良の時の来院。

施術記録

施術としては腹部から鎖骨、首の前、頸椎の治療、頭蓋骨の調整

この方の場合、仕事、家庭とも環境面に明らかな問題が在り施術中にカウンセリングを毎回行う

具体的にはセルフコントロールの方法をお伝えする

特にカウンセリングの効果が顕著なケースでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です